逆流性食道炎

逆流性食道炎について

逆流性食道炎について胃粘膜と違い、食道には強い酸性の胃液から守るバリア機能がないので、胃液などが逆流してくると食道に炎症が起こります。これが逆流性食道炎です。症状は幅広く、胸やけなどわかりやすい症状もありますが、咳が続くといった症状もありますし、ほとんど症状がないまま炎症が進んでいくケースもあります。

逆流性食道炎の症状

  • 喉や胸の違和感、不快感
  • 胸やけ
  • 胸の痛み
  • 飲み込む際の違和感
  • 呑酸
  • 口内炎
  • 喉の痛み
  • 声枯れ
  • 喘息

など

呑酸は、酸味のある液体が口まで上がってくる症状で、ゲップの時に起こりやすくなっています。

逆流性食道炎の原因

通常は胃液の逆流を防ぐために、下部食道括約筋が胃と食道の境に蓋をしています。逆流性食道炎は、胃酸が多過ぎたり、下部食道括約筋がゆるむなどによって起こっています。
下部食道括約筋は筋肉ですから加齢により衰えますし、肥満や食習慣、姿勢などによって弱くなることがあります。
また、一時的な逆流で胃酸にさらされた食道にストレスがかかって起こる食道の知覚過敏によって逆流性食道炎の症状が起こるケースもあることが最近になってわかってきています。

逆流性食道炎の検査

逆流性食道炎の症状は、胃潰瘍や胃がん、食道がんなど、多くの胃疾患・食道疾患と共通しています。そこで、当院ではまず胃カメラ検査を行って、粘膜の状態を正確に把握することをおすすめしています。胃カメラ検査では喉・食道・胃・十二指腸の粘膜を直接、観察できますから、傷・炎症・びらんなどの有無と状態を正確に確認することができます。逆流性食道炎と診断された場合には、粘膜の状態に合わせた最適な治療が可能になります。
なお、当院では無痛の胃カメラ検査を行っていますので、安心して検査を受けていただけます。

逆流性食道炎の治療

姿勢や食習慣、肥満なども逆流性食道炎の原因になりますので、生活習慣の改善は再発予防にも不可欠です。症状に関しては、効果の高い薬剤がありますので、生活習慣の改善と薬物療法が治療の中心になります。
なお、こうした治療で効果が十分現れない場合や、重度のケースでは外科手術を検討することもあります。

薬物療法

胃酸分泌を抑制する薬剤を中心に、胃や食道の蠕動運動を促す薬剤、食道・胃の粘膜を保護する薬剤などを使って治療を行っていきます。薬の効果の出方や持病、普段飲んでいる薬などを考慮して、最適な処方をしています。

生活習慣の改善

逆流を起こさないために、腹圧を上げないことが重要です。猫背にならないようにする、ウエストを締め付けないなどを心がけてください。また、食べてすぐ横になるのは厳禁です。
就寝時に咳が出やすい場合は、背中にタオルやクッションなどをあてがって上半身をやや高くして眠るようにするのが効果的です。
ブラックコーヒーや炭酸飲料、油脂分の多いもの、甘いものや酸っぱいものなど、食品の中には逆流を起こしやすいものがありますので、それを控えるようにします。また炭水化物もとり過ぎないようにしてください。
肥満解消も症状改善や再発予防には欠かせません。バランスの良い食事をして、適度な運動を習慣にしてください。
また、喫煙は逆流性食道炎を悪化させるリスクがあります。飲酒に関しては、アルコールが筋肉をゆるめるため下部食道括約筋の働きも弱くなり、症状を起こしやすくなりますので控えてください。

 

外科的治療

とてもまれですが、飲み込むのが困難になった場合や、出血をたびたび起こすなど重症化した場合には、外科手術が必要になることがあります。

流性食道炎と食道がん

逆流性食道炎は食道に慢性的な炎症が起こりますので、食道がんを発生しやすいとされています。実際に、近年になって逆流性食道炎と食道がんの患者数は増えてきています。
また、逆流性食道炎の症状は食道がんの症状と共通しているものが多く、その確定診断には胃カメラ検査が必要です。胃カメラ検査を定期的に受けることで食道がんも早期発見ができますし、内視鏡的な治療で治すことも可能です。当院では無痛の胃カメラ検査を行っており、逆流性食道炎の診断にも積極的に胃カメラ検査をおすすめしています。特に下記のような食道がんリスクが高い方で、逆流性食道炎の症状がある方は早めにご相談ください。

食道がんリスクの高い方

  • 習慣的に飲酒している
  • 少量のお酒でも顔が赤くなる
  • 熱いもの、辛いものなど刺激が強い食事を好む
  • 野菜や果物をあまりとらない
  • 喫煙している
TEL:024-563-4618
一番上に戻る