過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)とは

過敏性腸症候群(IBS)とは強い腹痛や下痢、便秘を繰り返す慢性的な疾患です。ストレスによって腹痛が起き、下痢を起こすという下痢タイプが一般的によく知られていますが、便秘を起こすタイプ、下痢と便秘を繰り返すタイプ、膨満感が強いタイプなどに分けられます。腸を調べても病変がないこと、排便により症状が一時的に消えること、眠っている間には症状が出ないことが大きな特徴です。
体質的なものだと思って市販薬などで対処しているケースが多いのですが、それで逆に症状を悪化させてしまうこともよくあります。専門的な診療で改善が見込める疾患ですし、症状を改善させることで生活の質が大きく向上します。早めに消化器専門医を受診してください。

代表的な症状

下痢タイプ、便秘タイプ、下痢と便秘を繰り返す交替タイプ、膨満感が強いタイプがあり、半数は交替タイプだとされています。

過敏性腸症候群の診断基準

過去3か月間に、腹痛、下痢や便秘の便通異常、腹部不快感の症状を1ヵ月3日以上の頻度で繰り返す

  • 水のような便が1日3回以上出る
  • 排便回数が週3回以下
  • 丸くて硬いウサギの糞のような便が出る
  • ガスがたまりやすく、お腹が張る
  • 無意識にガスが出てしまう
  • 睡眠中にはこうした症状が起こらない

過敏性腸症候群の原因

はっきりとした原因はわかっていませんが、ストレスによる自律神経のバランスの乱れ、腸粘膜からの神経伝達物質であるセロトニン過剰分泌などによって便通異常が起こっているとされています。自律神経は蠕動運動をコントロールしているため、緊張やストレスの影響を受けやすく、それによる下痢や便秘を引き起こします。
ストレスは、不安や緊張、過労、睡眠不足、暴飲暴食、食生活などの乱れ、気温や気候の変化、環境の変化など、さまざまな要因で起こります。そのため、生活習慣の見直しも症状改善には重要です。

過敏性腸症候群の検査

大腸になんらかの病変があった場合には、過敏性腸症候群以外の大腸疾患ですから、それに合わせた治療が必要になります。下痢や便秘といった症状を起こす大腸疾患は数多く存在するため、大腸カメラ検査を行って病変がないことを確認します。当院では無痛の大腸カメラ検査を行っていますので、安心していらしてください。

 

過敏性腸症候群の治療

つらく、日常生活に多大な支障を生じさせる症状を的確に緩和させることを重要視しています。ライフスタイルや症状、体質、お考えなどに合わせて患者様に一番合う治療法をいっしょに見つけていき、快適な生活を送れるようにサポートしていきます。

薬物療法

腸の状態や症状の現れ方などに合わせて、さまざまな薬から適切なものを処方していきます。腸の蠕動運動など機能をコントロールするもの、便の硬さを調節するもの、大腸の過敏性を抑制するもの、腸内フローラを整えるものなどがあります。強い症状が起こる前に予兆を感じるケースでは、予兆があった時点で服用してその後の症状を抑制する薬もあります。
ストレスの影響を大きく受けて症状が現れている場合には、抗うつ薬などを使うこともあります。

漢方治療

体質や症状により、適切な漢方の生薬を処方することが可能です。時間をかけて症状を緩和させていくもので、下痢タイプには人参湯や半夏瀉心湯が、便秘タイプには桂枝加芍薬大黄湯や小建中湯、交替タイプには桂枝加芍薬湯などがおすすめできます。

 

生活習慣で気を付けたいこと

便通は生活習慣に大きく左右されます。生活習慣を改善して、症状の緩和や再発防止に役立てましょう。

水分補給

下痢と便秘の両方とも、しっかり水分を補給することは改善に不可欠です。特に食事中の水分補給は大腸まで水分が届きやすいので積極的にとるようにしてください。

生活リズムの改善

決まった時間に起床し、毎日同じような時間帯に3食をとることで生活リズムが整い、自律神経がバランスよく働くようになります。短時間でも構いませんので朝日を浴びると体内時計がリセットされ、自律神経のバランスが整いやすくなります。

十分な睡眠時間の確保

十分な睡眠時間の確保しっかり睡眠時間を取ることも重要です。入浴してリラックスしてから眠るようにする、枕やシーツ、アロマなどで眠りやすい環境を整えるなどで工夫するのも有効です。

ストレス解消

集中できる趣味や気分転換に有効な楽しみを見つけ、積極的に時間を作って上手にストレスを解消しましょう。

食習慣の改善

食物繊維を積極的に食事に取り入れ、バランスのよいメニューを心がけましょう。
乳糖が含まれる乳製品は下痢タイプには不向きですが、ヨーグルトなど腸内フローラを整える乳酸菌が入ったものは有効なケースもありますので、医師に相談してからとるようにしてください。

控えるもの

過度の飲酒、唐辛子など刺激が強い香辛料、高脂肪のもの、喫煙などは控えましょう。

TEL:024-563-4618
一番上に戻る