内科

内科診療

内科診療ちょっと体調が悪い時や、咳・鼻水・喉の痛み・発熱・下痢・吐き気や嘔吐・めまいなどの急性症状がある場合、また生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広い内科診療を行っています。

はっきりとした症状がなくてもお身体の調子で心配なことがありましたら、なんでもご相談いただける地域のホームドクターです。まずはお話をしっかりうかがってから、適切な検査を行って診断しておりますので、お気軽にいらしてください。

初診の際には、「現在の症状、最初に現れた症状とその時期、既往症」についてお教えいただけると、より早く的確な診断につながります。また、普段、お薬を飲まれている方はお薬手帳かお薬そのものをお持ちください。

健康診断で要精密検査などの指摘があった場合にも、ご相談いただけます。

なお、診察の結果、入院や高度医療が必要だと判断された場合には、信頼できる大学病院などをご紹介しております。連携治療なども可能ですので、ご安心ください。

こんな症状があったらご相談ください

  • 発熱
  • 微熱が続く
  • 咳・喉の痛み
  • 鼻水
  • 腹痛
  • 下痢・便秘
  • 吐き気・嘔吐
  • 胸やけ
  • 頭痛
  • めまい
  • 動悸・息切れ
  • 関節などの痛み
  • 食欲不振
  • 疲労・倦怠感

こうした日常的な症状は、重大な病気の早期症状であるケースがありますし、生活習慣病などの慢性疾患が関わっていることもよくあります。どんな病気であっても、早めに適切な治療を受けることはとても重要です。
はっきりとした症状がなくても、「最近、身体の調子が悪い」「疲れやすくなった」などがありましたら、お気軽に当院までお越しください。

内科の主な診療内容

急性疾患

  • 風邪・インフルエンザ
  • 扁桃腺炎・肺炎・気管支炎
  • 胃腸炎
  • 膀胱炎

など

慢性疾患

  • 糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)
  • 痛風(高尿酸血症)などの生活習慣病
  • 貧血
  • 頭痛
  • 便秘
  • 花粉症

など

生活習慣病について

生活習慣病は、その名の通り生活習慣によって起こる病気の総称で、代表的なものに糖尿病、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)があります。生活習慣病は、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞の原因になります。メタボリックシンドロームは複数の生活習慣病があってそれぞれは軽症でも肥満があることで動脈硬化のリスクが高い状態です。

生活習慣病は、定期的な受診による適切なコントロールで動脈硬化などを防ぐことができます。そのためには、処方された薬をきちんと服用し、適正体重の維持、適度な運動、栄養バランスのとれた食生活、禁煙などの生活習慣改善を行うことが不可欠です。

当院の内科診療では、生活習慣病の適切なコントロールに力を入れています。病気を進行させず、患者様が快適に生活できるよう、きめ細かくサポートしていますのでお気軽にご相談ください。

糖尿病

血糖値の高い状態が続く疾患で、血糖値は血液に含まれるブドウ糖の値です。ブドウ糖は身体のエネルギー源になる重要なものですが、過剰な状態が続くと全身の血管にダメージを与え続けて動脈硬化をはじめとするさまざまな疾患を起こします。糖尿病が進行すると冠動脈疾患、脳血管障害、末梢動脈疾患などの動脈硬化疾患、網膜症、腎症、神経障害といった糖尿病細小血管合併症(糖尿病三大合併症)などを引き起こします。放置することで、ある日突然、心筋梗塞や脳梗塞、失明、腎機能低下による人工透析、足の切断などの重篤な症状が現れる可能性があります。
血液中のブドウ糖は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの働きで細胞に取り込まれてエネルギー源になり、また脂肪やグリコーゲンに変わって肝臓や筋肉に蓄えられます。糖尿病では、血液中のブドウ糖が細胞にうまく取り込めなくなって血糖値が高い状態が続きます。

 

糖尿病の治療

糖尿病は完治できる疾患ではありませんが、血糖値をコントロールしながら、体重・血圧・血中脂質を正常に保っていくことで重篤な症状を予防して健康を保つことが可能です。早期の糖尿病には自覚症状がほとんどなく、かなり進行してから受診されるケースが多いのですが、深刻な合併症を避けるためには早めに受診して、適切な治療を続けることが不可欠です。
重要なのは高血糖による血管へのダメージが起きないよう、継続的に血糖値を抑えていくことです。定期的に通えるホームドクターを受診しながら適切なコントロールを続けることで、健康な人と変わらない生活の質を保っていくことができます。早期であれば、食事療法や運動療法だけで血糖値をコントロールできる可能性もありますし、ある程度進行していても内服薬やインスリン療法などを食事療法や運動療法と組み合わせて適切にコントロールすることが可能です。

高血圧症

血圧が高い状態が続き、血管がその圧力によるダメージを受け続けている状態です。ダメージを受けた血管は壁が厚く・硬くなって動脈硬化を起こし、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などの重篤な疾患につながります。

高血圧は、遺伝的な要因と環境的な要因が複合的に作用して起こっていると考えられており、塩分の多い食生活、肥満、運動不足、喫煙や飲酒、ストレスなどが発症に大きく関わっています。そのため、肥満の解消や適度な運動、そして減塩など食生活の改善が治療では重要になってきます。

生活習慣が改善でき、適切なコントロールを保つことができるようになれば、薬の量は減っていきます。また、状態がよくなって薬の服用が必要なくなるケースもあります。そのためには、処方された薬をまずはきちんと服用することが不可欠です。

 

脂質異常症(高脂血症)

血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪といった脂質が多過ぎる、あるいは少な過ぎる状態が続いて、動脈硬化を進行させる疾患です。悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪が多い高脂血症だけでなく、善玉(HDL)コレステロールが少な過ぎる状態でも問題があるため、これを含めて脂質異常症と呼ばれるようになっています。
脂質異常症の原因には、エネルギー過多な食生活、喫煙や飲酒、運動不足などが大きく関わっているとされているため、体重のコントロールや適度な運動、嗜好品摂取の抑制といった生活習慣の改善が治療に大きく役立ちます。薬物療法とあわせて生活習慣の改善を行うことで、他の生活習慣病の予防や進行防止にもつながります。

高尿酸血症(痛風)

血液中の尿酸が多い状態が続く疾患です。尿酸は水分に溶けにくいため血中の尿酸は尿酸塩として存在し、これが過剰になると針状の結晶になって関節などに沈着し、激しい痛みを生じる痛風発作(急性関節炎)を起こします。また、腎臓に沈着すると腎機能を低下させて腎不全につながる可能性がありますし、尿路に沈着すると結石を起こします。

尿酸はプリン体という物質から作られます。プリン体は細胞が新陳代謝で新しく作り替えられる際に細胞の核から生成されます。また、特定の食品やアルコール類全般にはプリン体が多く含まれています。レバーなどの内臓、魚卵、えび・かつお・いわしなどの魚介類やアルコールを多く摂取することで尿酸値が高くなる傾向があります。

高脂血症がある場合、高確率で他の生活習慣病を持っているケースがとても多く、それと合わせた総合的な治療が重要になります。また、他の生活習慣病のように肥満の解消や適度な運動だけでなく、プリン体を多く含む食品やアルコール摂取を控えることも心がける必要があります。また、食事療法だけでは尿酸値が下がらない場合には、体内で尿酸の生成を抑制する薬や尿酸の排出を促進させる薬などの薬物療法も用います。

 

TEL:024-563-4618
一番上に戻る