外科

外科について

外科について当院では、日常的な切り傷ややけどなどに対する外科処置や、手術後のケアなどの外科診療を行っています。外来で可能な粉瘤などの皮下腫瘤切除なども可能です。できるだけ痛みや痕が残るなどがないよう、丁寧に処置や小手術を行っていますので、ご相談ください。

粉瘤(アテローム)について

粉瘤は皮膚の下にできる良性の腫瘤で、薬では治すことができないため治療には外科手術が必要です。ただし、この手術は外来で短時間のうちに受けることができます。放置していると大きくなり、細菌に感染して炎症を起こすことがあり、きれいに治すのが難しくなってしまうこともあります。

 

粉瘤の症状

皮膚構造の嚢腫壁が袋状になり、それが皮膚下にできて中に角質や皮脂などの老廃物がたまり、触れるとしこりのように感じます。細菌感染して炎症を起こしたものは、炎症性粉瘤と呼ばれます。炎症性粉瘤は痛みや腫れを生じ、膿がたまって急激に大きくなることもあります。しこりの状態を自分でつぶしてしまうと細菌感染を起こしやすいため注意が必要です。頭や顔、背中、お尻にできやすい傾向がありますが、体のどの部分にも粉瘤ができる可能性があります。
放置していると粉瘤が繰り返しできて癒着を起こすことがありますし、巨大化して切除すると大きな傷痕が残ることがありますので、できるだけ早めにご相談ください。

粉瘤の原因

原因がわからないこともありますが、外傷やピアス、ヒトパピローマウイルス感染などによって粉瘤ができる場合があります。体質的に粉瘤ができやすいケースもあります。

診断と治療

診察で粉瘤だと判断できますが、疑わしい場合には手術で摘出した組織を生検して確定診断を行います。
薬物療法などで治すことはできないため、外科手術が必要です。当院では症状にもよりますが、なるべく患者様の負担を軽減するために小切開法を行っております。
ただし、長く放置して大きく広がっている、癒着が強いなどがあると小切開法法では対応できず、切開が必要になりますので、どうしてもある程度の傷痕が残ってしまいます。その場合にも、組織の取り残しがないよう丁寧に切除した上で、できるだけ切開の傷痕が小さくなるようにしています。

TEL:024-563-4618
一番上に戻る